« なつかしシリーズ | トップページ | 問題・意識 »

優秀くんの母から学ぶこと

娘の校外学習の付き添いで 往復5キロほど歩く。

役員をやっていることもあって 

娘のクラスの子供たちと接する機会は多い。

娘も家で 学校の話をよくしてくれるので

母の頭のなかは 「友達情報」が一杯叩き込まれている。

○○ちゃんは 頭が良くてがんばり屋さん! 

○○君は サッカーが得意だけど キレやすい!だとか

○○さんは 静かな子だけど思いやりにあふれて子・・・など。

なかなか 娘の千里眼にも感心させられる。

そのなかで 何をやらせても 何でも出来る子って

必ず ひとりふたりいるんだよね。

先生から返されるテストは おおむね満点。

陸上や水泳大会の選手にも選ばれて、

合唱祭のピアノ伴奏なんかも やっちゃってて・・・

受け答えもしっかりしてるし、そのうえ 性格もいい!と きてる。

小学5年生で ここまで完璧になるには

どのように育てたら そうなるのだろう???

そのひとり 『優秀君』 (勝手にネーミング!)のお母さんが

ご一緒だったので この機会に・・と 尋ねてみた。

「何にも これといって してないんだよ~」と おかあさん。

(へぇ~?そんな~ )

「あえていうなら 問題が起きたときに

親が答えを出してしまわない・・・ってこと かな~

自分の頭のすべてを使って 考えてもらう」

「どういった言葉で それ促すの?」

「母が おバカになるんだよ」 「へっ?」

「どうしたら いいかな~ こうしたほうが いいのかな~」って

子供の前で おおいに悩むんだそうだ。

そして とことん考えさせる。 

『優秀君』が物心ついた頃から そうやって接してきた彼女・・・。

自分の脳みそで しっかと考え、

それを 自信を持って行動にうつすことの出来る力を持つ『優秀君』は

こういうお母さんから 生まれ、育てられた賜物だったんだね~

いたく感銘を受けて 家に戻った母は

「お母さ~ん ここんトコ 教えて~!」と

宿題を持ってきた娘に 「ん~ ○○かな~?××かな~?」

って 頭をひねりながら最高の演技をしてみせた。

「えっ~ 5年生の問題もわかんないの~

お母さん 授業中 なに聞いてたのよ~う?」

か・な・し・い・・・。 

今から 真似させてもらっても 

はたして 手遅れだったか・・・。

    本日の読書メモ  「むかつくぜ!」  室井 滋

|

« なつかしシリーズ | トップページ | 問題・意識 »

「家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/4049900

この記事へのトラックバック一覧です: 優秀くんの母から学ぶこと:

« なつかしシリーズ | トップページ | 問題・意識 »