« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »

夏の同窓会

学生時代の同窓会が20数年ぶりに開催される。

・・・というより 懐かしい顔に会いたくて 声を上げてしまった・・

ってかんじかな。

あの頃スタートラインにさえも立ってはいなかった私たち。

小さな「円」の中で ただ円の外を眺めるだけだった。

皆が それぞれにラインに並び それぞれにスタートを切り

後ろを振り返ると それぞれの道のりができていた。

あの頃、楽しいことばかりじゃなかった。

悲しみも知った。苦しみも。

若さゆえ突っ走った恋愛も、はじめて味わう挫折も。

そんなことを 丸ごと受け止めて、消化できる歳になったのだ。

交わっていた線が いつしか平行線になり

その平行線が どんどん幅広くなってきた今、

ひとときふれあい、交合わせ また平行線に戻っていくのもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配達あかずきん

以前 書店勤務だったという「大崎梢」が書いた「配達あかずきん」

書名に惹かれ手に取ってみたのだけれど・・・

数ページめくってみると 手が止まらなくなっちゃった!

駅ビルにある書店で起こる いろんな事件を 

書店の店員・杏子と 勘のいいアルバイト・多絵が 次々に解決していくライト・ミステリー  

書店の仕事・・って いまいち どんなことしているのかわからない・・って人

多いんじゃないかな~ 私も そのひとりでした

店員さんの1日の仕事の流れも 意外な仕事があることも 本の並べ方の秘密など・・・ 

これを読むと 書店に行きたくなること間違いなし

書店勤務の 私が言うんだから これほんと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »