« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

便箋作ったよぉ~

最近、小学生の娘がパソコンで便箋を作って 

せっせと 友達に手紙を書いている。

夏休みに中に何種類作ったかわからないほど・・

Dscn0530Dscn0532

 その中から ほんの少し 紹介しましょう・・・

 なかなか 可愛くできてるでしょ

 手作り便箋が保存してあるファイル名を見て 

笑ってしまった。

『天才○○ちゃんの華麗なる便箋づくり』

良さげな便箋完成のあかつきには 母も使わしてもらおう!っと・・・。

Dscn0528 Dscn0531

                 Dscn0529     

今日の読書メモ『エンキョリレンアイ』

   小手鞠るい       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おいしい餃子のお店

  以前から行ってみたい!と願っていた餃子だけを出すお店。

  本店は温泉街にひっそりとあるのだが 

  そのお店の2号店が 先月オープン。

  さっそく いただいて来ました!

Dscn0507_2   

  テーブル席が4つ。カウンターが3席。

  こじんまりした 落ち着いたかんじの店。

  

 Dscn0505_1  

  メニューは 1皿22個の餃子 1050円

  それにご飯セット 250円(お新香・味噌汁付)のみ。   

                        Dscn0504_1  

  皮はパリパリ。中味はジュワ~。

  やや小振りかな。

  白飯が これまた美味しい!

 

  食べ始める前は 22個なんて絶対ムリ! 

  と断言していた私でしたが ぺろっと 平らげてしまいました。 

  おいしかったんだもん! 

  隣の席の お嬢さん方は「持ち帰りま~す。包んでくださ~い」

  と、頼んでいましたが・・・。 

  餃子ってラーメンと一緒に数個・・が いいとこじゃないですかねぇ

  餃子だけメインに これほど食べたのは始めて。 

  おいちかったぁ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファン第1号

お昼の交代で レジに入った。

いつものお得意様が これもいつものように 

文庫、文芸書、旅行書、雑誌etc・・

おりまぜてお求めになった。 しめて1万円也。 

この 初老の男性は 大手出版社の新刊発売日には必ず、

他にも週3日は来店される。

週3万、月に10万を超えるお金を 書籍に使うことの出来る方って 

一体どんな人なのだろう・・・

身分を隠してはいるが 有名な作家先生?

勉強熱心な企業の社長さん? 大学の教授?

お見かけするたび 気になっていた・・・

それが 今日、店頭になかった本を

四方八方、手を尽くして捜したことがきっかけで

話をして 判明した。

若いとき 物書きを目指していた。

何十、何百もの小説を書いていたが 物にならず

今は 親の残した大手印刷会社を継いだ社長さん。

なるほど~ 納得!

「でも まだ諦めてはいないんですよ。

この年になっても・・」

「自費出版・・は考えないんですか?

印刷会社にいらっしゃるなら 容易でしょう・・」

「ん~  やはり認めて貰いたいんでしょうね。

それが 俺のこだわりだった・・ってことかな」

素敵! ステキ!

書いた本、読んだことはないけれど

ここに 貴方のファン第1号が誕生しました!

本を通じた お客様との触れ合いで

気持ちが ほのぼの・・・

そして 「力」をいただける瞬間です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

庭のゆかいな仲間たち

主役をいつも引き立ててくれる庭の仲間たちを

紹介しましょう・・・

Dscn0473  睡蓮鉢のめだかを 

  いつも釣り揚げようと狙うかえるの「タンタン」

Dscn0474_2  侵入者を撃退! 吠え方を忘れた変わり 睨みを効かす

  お母さん犬「ほげほげ」とちび犬の「ぺー」

Dscn0477   怠け者。うさぎの「コロ助」

  定位置を けして動きません!

Dscn0479   仲間たちの中でも一番の仲良し3人組

  「めぇw」「ぴょん太」「マミー」

Dscn0480   早起き家族。

  木陰に住んでいるから美白肌!

    

Dscn0483   僕たち新入り。玄関脇の 新人研修所に1年。

  それから 南向きの庭に昇格です。

  

            Dscn0481にやってきて 糞を置いていく野良猫を

  脅かしてやります。 一応 血統書つきの「B・C 」

   Dscn0484           

  お年頃の私は 雄一屋根つきの場所にいるわ。

  暗くなると怖いから ランプも灯るの。         

                    いつも一緒の「だだ吉」は頼りにならないけど

                    仲良しよ!

       本日の読書メモ 「タイムスリップ明治維新」 鯨 統一郎

| | コメント (3) | トラックバック (0)

手作り・いろいろ

午前中 子供たちが作るクッキー作りに 

私は手を出さず目だけ?参加。

材料の分量、こね、生地延ばし、型抜き、焼きまで 自分たちで・・・

実家から遊びに来た おばあちゃんと 紅茶タイム。 Dscn0462

孫の愛のこもった ハート付きのクッキーを 

感激しながら食して帰りました。

夕方からは 下の子供の 夏休みの工作の手伝い。

自由研究か工作か 二者選択なんだそう。

うちの娘は 女の子なのに昔から 男の子のようなおもちゃを好む。

レールを走る電車に夢中になり、飽きもせず何時間も見とれていたり、

水上を突っ走る牛乳パック製のボートが好きだったり。

今日 製作した作品・・なんだかわかるでしょうか・・? Dscn0463

空き缶利用の 「ボウガン」です。 

楽しそうに作り、完成品で早速遊びはじめる娘の姿に

幼い頃から変わらないなぁ~と、少し嬉しくなる。

夕食後、主人と子供たちが「ホーム・アローン3」のDVDを観ている傍で

チクチク針仕事。うさちゃんのデジカメ入れを作った。

手仕事・いろいろ。  休みの日は こんな過ごし方が好きだなぁ~

Dscn0464  

     今日の読書メモ  「Love Letter」 石田衣良 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば打ち・初体験

以前から 勧められていた「そば打ち」。 

肩凝りしそうなのと腰痛持ちの私は 

なるべくその話題を避けていたのだが・・・

無類のそば好きの母は 「自分で打ったそばを食べてみたい!」との

長年の夢を叶え、2年前から そば打ちを習い始めた。

はじめは 公民館での講習会から始まり、師匠宅に通い詰め

昨年 そば打ち試験の初段合格。今は2段合格目指して日々努力中。

「そば打ちに使用する道具は全て揃ってるから・・・」と

娘の私を 揺さぶっていたわけ・・

お盆で 焼香に行って 母のそば打ち姿を始めてみた。

流れるような作業、手際のよさに ビックリ!

いつもは ゆったり仕草の母が 「蕎麦屋の親父サン」に見える。

やっと やってみる気になった私は そば粉をこねるところから教わった。

パン、ピザ生地はこねるが そば粉は始めての硬さだ。

十分こねたら 丸くしながら菊練りの完成。

へそだしと呼ばれる 三角柱をこしらえる作業。

地延ばしは まずは手で円く延ばして直径45センチくらいにする。

それからが 麺棒を使っての丸出しで60センチくらいまで延ばす作業。

丸い生地から 徐々に 四角形に均一に本延ばし。

これが いちばん難しい。 なかなか生地が言うことを聞かないのだ。

母の力を拝借して なんとか たたみまで完了。

あとは 均一に包丁を入れるのみ。 さすが 主婦歴10数年!

包丁さばきだけは すぐに習得。  出来た!完成!

始めての そば打ちは 時間がかかり過ぎたために

たたみ・・の段階で 端が 割れ始めていた。

茹でているそばからプツンプツン切れていく。

茹で上がったそばは いつも食べている美味しい母の蕎麦の形相とは

明らかに 別物。  でも 美味しかったのよ~。

こねながら ぽたぽた落ちた汗も 薄っすら効いた塩味となって・・

これほど大変だとは 思わなかったけど、

これから 蕎麦が出てきた時は 手を合わせ「いただきます!」それに

「お疲れ様でした・・」も プラスしておこう・・・っと。

      今日の読書メモ  「象の背中」 秋元康

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »