« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

たまには 西洋風に・・・

ヴォ-ジョレーが解禁になって

あちこちの店で 山積みになっている。

今日が ふたりとも仕事休みということもあり、

昨夜は ゆっくり味わいました。

今年のは おいしい!って聞いていたので

解禁日 心待ち! 期待どうり・・・おぃちぃ~!!

おつまみは・・・

「あじのマリネ」に 「柿と大根のサラダ」 「ピクルス」

娘たちが「カマンベールチーズやいくらをのせたカナッペ」を、 

それに主人がひと皿 「なすのはさみ揚げ」を作ってくれました。

乾杯の発声は

『ヴォ-ジョレー解禁おめでとう~!』

『オネエちゃんの期末テスト無事終了 おめでとう~!』

  ( ん~ 結果は・・どうであれ・・・ネ )

和食大好き家族ですが 

「たまには こんなのも楽しいね~」

「外人になったみたいやね~」  好評!好評!

今夜は 温かいポトフに (今日は 異常に さ・む・い!)

昨夜の残りのヴォ-ジョレーで 乾杯×2!

     本日の読書メモ  「陰日向に咲く」  劇団ひとり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆっくり ゆっくり・・・

この年齢になると 『はじめて』のことを 

受け入れること とても 構えてしまう。

憶えることにも自信がなくなってきているし、

それを こなすことにも不安がある。

私の勤める書店内には 経営が一緒の

DVD,CDを販売する店、それから コーヒーショップもある。 

DVD担当者の昼休み交代に 

DVDコーナーも引き受けることが決まり 本日から入った。

交代する30分前に 担当者から手ほどきを受けた。

レジの打ち方、客注の受け方、検索の仕方、

ポイントカードの詳細など

憶えなくてはいけないことが山積みだ。

自信のなさから ドキドキしてお客様を迎えるのも

久しぶりの感覚。

知らず知らずのうちに 『慣れ』てしまっていたのかも。

新しいことをひとつ詰め込むためには

知識の引き出しから 何かひとつ捨てなければ

溢れ出してしまいそうなほど器が小さくなってきたことを

最近 感じる。

なるべく こぼれ落ちないよう 落とさないよう

ゆっくりゆっくり 知識を重ねていかなくては・・・。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心をこめて・・・

人に 本を贈るのってむずかしい。

「癌を克服した方が書いたエッセイ」を探している

と、言われたので 4~5冊御紹介したのだが、

詳しい話を聞いてみると

友人のお見舞いに本を持っていきたい・・・

と、いうことらしい。

「癌を克服したという本を・・・」ということは 

その手術をされた方なのだろう。

エッセイの中にも 本人が書いたもの、家族が書いたもの、

書かれた後に 元気になられた著者もいれば

絵門ゆう子さんのように そうでなかった著者もいる。

そういった本探しのお手伝いをさせていただく場合、

とても慎重になってしまう。

本から受ける影響力って とてつもなく大きいから・・・。

その方の好きなこと、趣味をお尋ねしてみると

庭いじりや 花が とても好きなのだという。

お見舞いも 本にするかか花か迷っているのだとも。

術後すぐの方に 『闘病記』はいかがなものか・・・? と

内心思った私は  それよりも・・と

私も気に入って手元に置いてある 『花おりおり』を

お薦めしてみた。

一流の写真家が撮る花写真と

その花にまつわるエッセイで綴る本は 

目でみて楽しめ、読んで楽しめる本。

花好きの57歳の女性には 喜んでいただけるのでは・・・。

やさしい色合いの花模様の包装紙でラッピングし、

お客様が書いてきたというメッセージカードを添えた。

どうか お元気で ご回復されますように・・・。

    本日の読書メモ  『つばき、時跳び』  梶尾 真治

                『ありふれた魔法』  盛田隆二

                『ボロボロになった人へ』  りりー・フランキー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »