« 反抗期に備えて。 | トップページ | 疲れの代償。 »

娘たちの将来、少し心配。

中2の娘が、来週から職場体験に行く。

選択肢が 沢山あったところから 娘が選んだのは保育園。

「保育園の先生になりたいんだっけ?」

「まだ決めてないけど 小さい子と接する仕事がしたい」

ほぉ~ いつの間にそんな気持ちになっていたのか・・・

母はちっとも気づかなかったよ。

「でも、 私小学一年のとき、ピアノ挫折したから

なれない・・・って、わかってるよ。」 

そう、幼稚園から2年間習っていたピアノ。

行きたくない!と、泣き叫んで小学生になって辞めてしまったのだ。 

「そんなことないよ。ホントに保母さんになりたいのなら、

これから始めたって 全然遅くないんだからね!」

「まだ 保留にしとく。職場体験してきてからでも 遅くないよね~?」

  もちろんだよ 全然、遅くない!

  何かを選択するのに 早い、遅いなんてないんだよ。

「英語を小さい子に教える仕事がいいかな~」

「それとも、中学の英語の先生か~」 と、あれこれ悩む娘。

そこに 小6の娘が 登場。

「○○ちゃんは 将来なにになる?」 

「忍者か、探偵!」 即答だった。

聞いたお姉ちゃんの口、 しばらく塞がらなかった。

そして 笑い。 が、しかし小6は真剣だった。

そのために 今から鍛錬してると言う。

忍者になる鍛錬って?  よくよく聞いてみると

風呂場で ラップの芯を持ち込んでの水業をしているのだとのこと。

  わが娘ながら スゴイ! 大物になりそうだ・・・。

  いつか 忍者になった娘の姿、拝みたいものだ・・・と思っている。

性格のまるで違う二人の娘だが それぞれが 少しづつ天然ボケ持ち。

その素直さ?を いつまでも 持ち続けてくれ~!

  

 

|

« 反抗期に備えて。 | トップページ | 疲れの代償。 »

「家族」カテゴリの記事

コメント

2人のお嬢さんの違いがよく分かるお話ですね?。
「忍者か探偵」という所では、比喩でなく思わず吹き出してしまいました!(笑)
この2つはいずれも影となる仕事ですよね。もしかすると、下のお嬢さんの心の底には「誰かの役に立ちたい」という気持ちがあるのかも…?

たとえ漠然とでも、「こんな風になりたい」というイメージができるのは素晴らしいですよ。
2人共、色々な可能性が広がると良いですね!

投稿: 佐緒 | 2007年6月27日 (水) 20時31分

うちの息子は、イトー○ーカドーの食料品売り場で
品だしをやったよ。社員と同じように働くということはとても貴重な体験だったようです。
お姉ちゃん、がんばれ~!
2番目ちゃん…うちの2番目とタイプが似てるかも!

投稿: ベティ | 2007年6月27日 (水) 22時44分

佐緒さんへ
 
 いつまで、忍者になる夢を見ててくれるのか、
 いつ現実と向かい合うようになってしまうのか、
 家族で 見守りたいとおもってます。
 後日談ですが、主人はそれを聞いて、
 「伊賀か?甲賀か?」聞き返してました。
 下の娘は、???
 「ナルトだよ!」まだまだ子どもだぁ~ 苦笑


ベティさんへ

 でしょ?なんかブログの二男ちゃんの様子から
 似た者同士♪の 感じうけてましたよ~
 やっぱそうっか・・・
 以前 働いていた書店でも、受け入れてたから
 そん時感じた中2生の良かった点、
 直した方がいい点を 娘に話したよ。
 とにかく 一生懸命働きな!とネ。
 

投稿: 沙穂流 | 2007年6月28日 (木) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/6948343

この記事へのトラックバック一覧です: 娘たちの将来、少し心配。:

« 反抗期に備えて。 | トップページ | 疲れの代償。 »