« 曲がり角。 | トップページ | 文章教室5回目。 »

ロン・バケ再び。

今から10年くらい前になるのだろうか。

TVで、「ロング・バケーション」というドラマをやっていた。

「ロン・バケ」という言葉も若い人たちの間で、

流行語になったほどの大ヒット・ドラマだった。

「ロング・バケーション」すなわち「長い休暇」。

ドラマのなかで、主人公のキムタク演じる『ピアニスト・瀬名』が、

何をやっても空回り、行き詰って落ち込む山口智子演じる『南』にこう言う。

「こう考えたらどうかな?何をしても上手くいかないときは、

神様のくれた長い休暇だと思って、

そんなときは、無理に焦らない、走らない・・・。」

その頃のわたしは、2歳児、3歳児の年子の世話に明け暮れていた。

やりたいことが何も出来ず、悶々とした日々を送っていた。

本が読みたい!買い物もゆっくりしてみたい!

山登りも、旅行も・・・。

まわりの友達は子育てを終えて、習い事に、再就職に・・・と、

自分の好きなように毎日を謳歌していた。

世間からおいてきぼりを喰らったような焦り、

そして少々の育児ノイローゼ。

「こう考えたらどうかな?何をやっても上手くいかないときは、

神様がくれた長~い休暇だと思って、

無理に走らない。焦らない・・・」

このセリフに、私の子育て時代は支えられていたのだと思う。

久しぶりにビデオをみて、その頃のことを思い出す・・・。

|

« 曲がり角。 | トップページ | 文章教室5回目。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/6688022

この記事へのトラックバック一覧です: ロン・バケ再び。:

« 曲がり角。 | トップページ | 文章教室5回目。 »