« 11年間ありがとう。 | トップページ | 注文の多い料理店。 »

小袖日記と香りについて。

香道って、茶道、華道に比べてあまり知られていません。

この三道が、定着したのは室町時代。

香道では、「香は嗅ぐ」とは言わず、「香を聞く」と言います。

それは、香って大きく二つあって、

香木の香りを聞き、鑑賞する「聞香」(もんこう)、

さらに香りを聞き分ける遊びである「組香」。

そこからきているようです。

平安の世に すれ違い様に香が薫ったら、高貴なお方。

男性も女性も、です。

さて・・・・

今、読んでいる本が、柴田よしき著の「小袖日記」。

現代女性が、気がつくと平安時代にタイムスリップしてしまっていたお話。

しかも、『源氏物語』を執筆中の香子さまに代わって、

物語に登場する姫君たちのお屋敷に乗り込んでの現地調査を

するお役目なんです。夕顔、末摘花、葵の上、明石、若紫。

真実は、もしかしたらこうだったのでは?と、

結構、柴田さん、好き勝手に書いてくれちゃってます。たとえば、末摘花なんて、

源氏の君より女性が好きなレズ姫君にかえちゃってますし。

でも、文句なくおもしろいです。 

  

  ここで、ひとつ教訓。 

  そもそも 香りは、ほんのりと香るから色っぽいのですよ。

  香水プンプンさせて、毎朝、満員電車に乗り込んでくる貴女!

  わたしは貴女のせいで、爽やかなはずの朝の具合が

  すこぶる悪いんですけど・・・。 

 

小袖日記 Book 小袖日記

著者:柴田 よしき
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 11年間ありがとう。 | トップページ | 注文の多い料理店。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/6834681

この記事へのトラックバック一覧です: 小袖日記と香りについて。:

» クッキー 作り方 [まいにちぶろぐ]
クッキーの作り方は人それぞれに違いがあると思います。 [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 07時01分

« 11年間ありがとう。 | トップページ | 注文の多い料理店。 »