« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »

行く夏。来る秋。

お風呂を済ませた後、寝室の窓を開け放ち

布団にしばし ゴロンとなってみる。

この時間が 幸せを感じるひととき・・・。

庭から聞こえてくる虫の音が

ついこの間までと違っていることに気が付く。

「ミーンミーンミーン」から「コロコロ・・・」

季節は まさしく夏から秋へ動いている。

わたしの好きな季節が ついそこまで来ていることを感じる。

子ども達の夏も 明日が最終日だ。

小学生の娘の自由研究が今日やっと終了し、宿題の全てが完了。

明日は フットの秋・地区大会。

宿題に思いを残すことなく 思い切ってぶつかっていけるだろう・・・

中学生の娘は今日まで 部活に塾に宿題にと奔放していた。

休み最終日の明日は 

休み明け早々行われる確認テストの勉強に いそしむだろう。

主人は ここのところ仕事からの帰りがすこぶる遅い。

明日も午前様らしい。 脳梗塞で入院したのが 昨年9月1日。

けして無理しないダイエットを始めて1年がたつ。トータル10キロ減。 

最近、食事管理に気の緩みが出てきた私。

主人の楽しみであるビール。本数が増えることも 見逃してしまっていた。 

「仕事の後の これが楽しみなのだろうから・・・」と ついつい。

今年は 去年かなわなかった 「秋の山歩き」を楽しみたいから

お互いが健康でいられますよう   

明日から また 厳しくいきますぞ!

 

   家族それぞれの夏が行き、それぞれの秋を迎える・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

無事だということ。

思い切って仕事に出た。

今朝、もしどちらかでも熱があったら 休もう・・・と

思っていた。

喉は痛い!とは言うものの 平熱にもどっていた。

ここ何日間か、娘達の看病プラス暑さ対策のため、

部屋で冷房を入れてグウタラ過ごしていたから 

仕事きついだろうなぁ~と 心配していた。

でも・・・やっぱり 集中できる何かがあるって いい!

昼休みに 体調伺いの電話はかけたものの

仕事中は 娘達のことは忘れて(ゴメン!) 「無」になっていた。

「無」「無事」とは 何事もないこと・・・

若いときは 何もないことがとてもつまらないことに思えた。

毎日変化することが楽しくて、静かな一日は損をした気になって。

しかし、年を重ねてからは 「無事」であることのありがたさを思う。

今日も 何事もなく1日過ごすことができた。

明日また 「無事」でありますように・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高熱のとき見る夢って?

夏風邪で、そろって熱を出している娘達。

昨夜は39℃を超える高熱に、寝る前に熱さましを飲ませた。 

すると、妹の方が

「飲んで、熱が一気に下がるとき、いつも同じ夢をみるんんだ~」と、言う。

「どんな夢よ? 」

「ドラム缶の上に載って遊んでるんだけど、あっ!と思ったときに

蓋が外れて 暗闇の中にまっさかさまに落ちていく夢・・・」

同じだ!

私も幼いとき熱を出すと、

(TDSの新アトラクションの・・・)タワー・オブ・テラーばりの夢を見てた。 

暗闇の中にヒュ~ンと落ちては、また天辺まで上がり 

何度も何度も落ちる怖~い夢。

その話を聞いていたお姉ちゃんは

「白い紙が丸まって空を飛んでるの。たくさんの紙・・・

いつしか、その紙が黒い色に変わっていて・・・

私は はさみを持って、紙を追いかけながら

全ての紙を切らなくちゃいけない仕事をしてて

とても焦ってる夢をみる・・・」と。

今朝、目覚めた2人に聞いてみた。

「や、やっぱ見ちゃった?」

「TDLのコーヒーカップで、辞めて!って言ってるのに

振り落とされるくらいぐるぐる回すの!」

「そんなひどいことするの 誰よ?」

「お姉ちゃん!」 ・・・・と妹。

お姉ちゃんは 例により 紙を追いかける夢を見たそうだ。

そこに妹が登場して、巨大扇風機を使い

紙を全て 吹き飛ばしてしまったのだとか・・・・。 アハハ・・・

夢の中で、お互いがお互いの足の引っ張り合いしてる。

普段は登場しないそれぞれが出演したのは

同時に熱を出した意識が はたらいているからだろうか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

W・夏風邪でダウン。

残暑が厳しい今日、真夏日となった。

朝起きてきた長女、元気がない。

身体がだるいと言う。 熱をはかると 38.5℃。

朝いちばんで かかりつけの病院へ。

夏風邪だとの診断をうけ、おかゆと桃を食べ

3時間ほどぐっすり眠った。

下の娘と、お昼ご飯を食べようと声を掛けると、

なんか様子がおかしい・・・。 こちらも ぐったり。 

体温計をはさんでみると お姉ちゃんを上回る 38.8℃。

午後いちばんで また病院へ。

「お姉ちゃんから うつっちゃった?」 なじみの看護婦さんに声をかけられる。

今頃の風邪、感染力高いから兄弟でひくのが多いそう。

「お母さんも うつらないように気をつけて!」

あさってから 仕事が入る母ちゃんは 意地でもうつれません!

夕方になっても熱は下がらず、姉妹そろってうなってます。

同時に 熱出すなんて 何十年ぶりだろう・・・。

1歳半しか離れてない我が家の娘達は 

幼い頃揃って具合悪くなることが多かった。

そのたび私もコテコテになりながら看病したものだが、

成長した今の娘達を看るのはなんて楽なのでしょう・・・。

でも 自分もあれから十年歳を重ねているわけだから

後から ガクッとくるかしら・・・・。 用心 用心!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

何年たっても。

Dscn2328_2  Dscn2329_2

 つい最近まで、次から次へ咲いていた朝顔が

 朝の涼しさに負けたように 今朝は4~5個。

そろそろ 最後の朝顔になるのでしょうか・・・。

朝顔は 朝日のなか爽やかに。 昼顔は 炎天下のなか したたかに。

それから 夕顔は闇のなか 優雅に。

似てはいるけれど 違った個性。

今年の種は、昨年の朝顔からのいただきもの。

昨年の種は、一昨年前の。 一昨年前のは そのまた前の・・・ 

時をかけて、また 花咲かせる朝顔。

何年先まで この想いを運んでくれるのかな?

 本日の読書メモ 「真夜中の五分前 side B」 本多 孝好

Book 真夜中の五分前 side-B (2) (新潮文庫 ほ 18-2)

著者:本多 孝好
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »