« 気持ちの一致。 | トップページ | 待ち時間。 »

その時、そのとき。

朝から降っていた小雨が、昼前に雪に変わった。

外は、きっと寒いのだろう。 

土曜日でも、家族それぞれ予定があって、

出て行く時間に合わせ昼食の準備をしていたら 

すでに時計の針は1時過ぎ。

雪も雨も止んだようだ。

ウォーキングすることを思いつき、ちょっと肌寒い外に飛び出した。

住宅街を抜け、近くにある川原沿いのウォーキングコースを選ぶ。

風は 相変わらず冷たい。 

すれ違う人の数もいつもより 断然少ない。

ウォークマンのボリュームもUP 程よくじんわり汗ばんできた頃、

つぶれた段ボールが 数箱置いてあるのに気がつく。

子ども達が、坂になっている芝を 滑って遊んだんだろう。

例えば、そんなとき

段ボールを引きずり上げて、芝の上から滑ってみようかな~

な~んて気が起こる人だろうか。

そして、実際、やってしまっちゃう人だろうか。

自然にできちゃう人っているんだよね。

年に関係なく、そういう人は 一生そういう人なのだろうし。

段ボール箱の存在にも気づかずに 行過ぎてしまう人だって勿論いる。

目には留まっても、どうしてここに置いてあるかを考えてみたりしない人だって・・・。

小さな事だが、そんなことの積み重ねひとつひとつが

長い一生のなかでみてみると 価値のあることだったり、ないことだったり。

思いのほか、長いウォーキングになってしまった。

しっかり汗ばんだ身体を 熱めのお風呂に沈める。

私は一体、どんな人だったろう。 そして、どんな人を過していくのだろう。

|

« 気持ちの一致。 | トップページ | 待ち時間。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/10857104

この記事へのトラックバック一覧です: その時、そのとき。:

« 気持ちの一致。 | トップページ | 待ち時間。 »