« 試写会・西の魔女が死んだ | トップページ | 外も内も模様替え。 »

『温顔』なひととき。

『温顔』という言葉があることを今日初めて知りました。

『おんがん』音として耳から入ると、

一瞬なんのことを言っているのかが 分かりません。

『あの方は温顔だね~』というセリフを聞き、

そこで おんがん=温顔 と結びつくわけです。

わたしが参加しているテニスはサークルとスクールとふたつで

年齢層が幅広いのがスクールのほう。

70歳以上のおじいちゃんもいれば、主婦の先輩も、大学生もいて

いろんな話が聞けることも魅力なひとときです。

なかにいらっしゃるのです。

いつもニコニコ顔、穏やかで優しそうなおじいちゃん。

テニスは若い時からやっていらして さすがにお上手。

ミスをしても、されても 優しいお顔が歪むこともありません。

誰とダブルス組んでも、相方を幸せにしてしまうような方。

心がいつも穏やかな方なんでしょうね・・・

   

  ・・・・と、勝手に思い込んでいたのです。

  定年退職目前に務めていた会社が倒産。

  そして共に苦労をしてきた奥様を5年前に亡くし、 

  身の回りのことは全てご自分でやられているそう。

    

    幸せのなかに浸っていられるからこその『温顔』

    愛する者、愛される者を持っていてこその表情、

      そうなのだと ずっと思っていました。

    

 きっとその方の心のなかには 

 愛しい奥様のお姿が生きていらっしゃったり

 穏やかな生活の欠片が 

 今もいたる処に散りばめられているのだろうな。

    

    その方と接するひととき。メンバーの誰もが

    『温顔』になれてる気がするのですが。

        その時間だけ・・・でしょうかね。 わたしの場合は・・・・。

  

   本日のDVD観賞メモ 『変身』 

変身

|

« 試写会・西の魔女が死んだ | トップページ | 外も内も模様替え。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/21461182

この記事へのトラックバック一覧です: 『温顔』なひととき。:

« 試写会・西の魔女が死んだ | トップページ | 外も内も模様替え。 »