« 親子並んで・・・。 | トップページ | 知らないから 幸せ。 »

信じること。

二女がソフトテニス部に入って、2ヶ月。

初めての校外試合が行われた。

気温は 32℃。 対戦相手との戦いにプラス暑さとの戦い。

9時から始まり、5時まで。 炎天下、私もテニスコートをうろちょろ。

しっかり、娘の試合を見、ビデオに収めてきた。

   

   娘たちは、娘が後衛の1年生ペア。

   にもかかわらず、Aチーム(上手いほうからA・B・Cチームまで)の

   それも2年生先輩ペアを越してのトップバッター出場。

   今回は団体戦のため、3ペアのうち2ペア勝つと勝利。

   そのため、どこの中学もトップに最強ペアを持ってくる。

   勿論、Aチームのトップバッターに1年生ペアなんて どこもいないわけで

   初めて出る試合で、こんな試練・・・・ あまりにも試練すぎるだろう・・・!

      「やれる・・・と思うから出した。もし、ダメだったとしても

      必ず、何か掴んでくれる子達だと信じてる・・・」 顧問の言葉。

      

    案の定、2試合やって2試合とも負け。

    しかし、両試合とも、何度もデュースとアドバンテージを繰り返し、

    長い、長い試合運びとなった。

    最後は 集中力途切れ負け・・・ってかんじだったろうか。

  

  娘としては 最後に気を抜いた一瞬が

  勝ち or 負け これほど大きな違いとして出てしまうんだということが

  よほど応えたらしい。

  

    

     思い切った組み合わせにでた顧問に

     思いがけない風当たりがこないとは言い切れない。

     それでも 可能性を信じてくれたこと

     きっと 娘たちに届く・・・・。

    

     先に聞いた顧問の先生の言葉

     そのまま 娘に伝えた。

   

   

|

« 親子並んで・・・。 | トップページ | 知らないから 幸せ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/22276516

この記事へのトラックバック一覧です: 信じること。:

« 親子並んで・・・。 | トップページ | 知らないから 幸せ。 »