« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

おみょうにち。

人と別れるとき、何と言うだろうか。

「さよなら」「じゃあね~」 「またね・・・」それとも「Bye Bye」

  

  先日、年配の女性から

  「おみょうにち、おしづかに」 と、言葉を掛けられた。

  さよならするところだったのに、思わずその方を引きとめ、

  「どんな意味なのでしょう?」と、お聞きしてしまった。

  「おみょうにち」とは 「お明日」と書く。明日のこと。 

これからやって来てくれる明日に 『御』の字を付けるなんて

どれだけ 有り難く思うんだろう・・・・。

  

  「おしづか」は 何事もなくとか、無事にとか。 

  「明日がまた 平々凡々でありますように」ってことらしい。

  平凡な明日を生きられること。昨日と同じ今日を迎えることが出来て、

  今日の延長上にある明日を生きられること。そして

  また貴女に逢うことが可能な未来でありますように・・・・

  そんな沢山の願いを込めた仙台弁なのだということを

  教えてくださった。 

  しかし、今の若い人の間では 全く使われない。

  

   こんな素敵な言葉を さらりと口に出来るお嬢さんがいたら

   とっても とっても 素敵・・・・。

  

  本日のDVD観賞 『メールで届いた物語』

 ★メールで届いた物語(DVD) ◆23%OFF!

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章教室 再1

文章教室の昨日、短編を書き始めた私は

仕上がった『第1章』を持参して 皆さんの前で朗読。

いつもそうなのだが、

あらすじを最後まで練り終わらないうちに書き出してしまう。

今回も まだラストの展開を迷ったまま、走り出してしまった。

   

   以前、公園を散歩していて 

   フェンスに引っ掛かっていた紙ヒコーキを見て、

   「このヒコーキ どんな子が飛ばしたのだろう・・・?」

   「ヒコーキを開いてみたら ラブ・レターだったりして・・・」

   「40年前の自分が小学生時代に飛ばしたものが引っ掛かってたら

    おもしろいな~」

   「その手紙で 今後の生き方が変わっていくような 

    そんな展開になっていったら どうだろう・・・」

 紙ヒコーキを見た時から 頭の中に発想が広がっていって

 家に辿り着いたときには ひとつのストーリーが出来上がっていた。

   

   先生からの評価。 文章表現がうまくなった・・・ということと、

   第2章に続く伏線のかけ方がいい・・・ってこと。

 

 しばらくは SFファンタジーの世界に

 しっかり浸ってたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心やすらかに。

高校時代の友人のお父様がなくなり

告別式に参列させていただきました。

御一家そろってのクリスチャンで、司式も教会の牧師さまがされました。

   先ず、賛美歌488(永生 天国)を奉げ、

   聖書を朗読されました。

   途中、賛美歌312 494 532 539が入り  献花。

 

 熱心な信者だった友人のお父様は、

 抗がん剤・放射線治療に耐えながら

 「信仰が足りなかったから 神の御許に召されるのだ・・・・」と言われることが

 いちばんつらいことなんだ と、ご家族におっしゃっていたのだそうです。

 仲間たち・兄弟たちのために その事だけが心残りなのだと。

  

  形あるものに ついつい囚われてしまいがちな 私たち人間。

  実は、目に見えないものこそ 永遠であるということを

  コリント4章16-18節は 教えてくれています。

  

   「 兄弟は、現社会の痛み・苦しみから解放され

     今、永遠の命を得て 穏やかな楽園の入り口に

     立っておられます・・・・ 」  そんな牧師さまのお言葉に

     1年間看病され、無念を味わったご家族のお心は

     どれだけ 救われたでしょう・・・・・。

      

       どうぞ 神の御許で 心安らかに・・・・   アーメン

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血液型でわかっちゃうんだって!

昨日の新聞に『さだまさし』さんの

おもしろトークのCDが発売されるという広告が半面に大きく載ってました。

もう何十年も前ですが さださん好きで

地元に年に1度来ると コンサートに行ってました。

歌も勿論ですが、合間のおしゃべりが絶妙に巧い!

その『ステージトーク』だけを集めた18枚組のCD!

これで3万をきるなんて お買い得でしょ・・・ って、決して まわし者じゃありません・・・

とは言っても 28,900円なんで 買えはしないのですけど。

    

    その広告に 血液型について喋ってる箇所があったんです。

    なんとも 可笑しかったので 紹介しちゃいます。

  

  <お金を道で拾った時に謙虚に表われるのが血液型>

     A型は 誰も見てなきゃ、そ~っとポケットに、

     誰か見てたら交番へ。

     B型は  「落ちてるカネは自分のモノ」

     ABは 交番に届けに行く途中で気が変わっちゃう!

     じゃあ O型は・・・・?

     O型は落ちてる金に気がつかない。

  

  うちの家族、私はA型。 ん~認めたくないけど 合ってるかも。

  主人、中3と中1の娘たち  O型。

    

    ハイ、そのとおりだと 思います! ← 強く肯定

    うちの家族 しばらく その話題で盛り上がりました。

   

      やっぱ さださんの『トーク集』 欲しいなぁ~

        

| | コメント (0) | トラックバック (1)

願い桜。

中3の娘を2泊3日の修学旅行に送り出して、

母は その足で

「今年こそは・・・・」と願っていた富岡『夜の森』の桜を見に出かけました。

先週がちょうど見頃だったのでしょう。

一昨日・昨日は 桜まつりで大変な人混みだったようでした。

  

  朝から小雨がぱらつく空模様でしたが今日を逃すと 

  来年の桜の季節まで待つことになる・・・と思ったら

  身体が勝手に動いていました。

     

     ずっと見たいと願った桜並木、少し霞がかかってはいましたが

     相変わらず息をのむほど美しいし、  

     花びらが風で舞い散る様子も儚くて 胸がキュンとなりました。

遠く離れたから きっと恋焦がれてしかたないのでしょう。

その土地に暮らす時には そこにあって当たり前で

こんなに 心が離れないなんて思いもしなかったこと。

  

  通りすぎてしまったこと、戻れないってわかってること

  去っていってしまったこと

  そんなものたちに 再会できることってあまりないことだから

  きっと 嬉しかったんだ・・・・

  Dscf2092     

Dscf2099 Dscf2104 Dscf2105 Dscf2108 Dscf2109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『びっき沼』の水芭蕉。

週末は 花見山周辺は、花ウォークで人・人・人の様子でした。

私たちは それを避けるように反対方面の土湯温泉方面に

水芭蕉を見に行ってみました。

福島から会津に抜ける115号線、土湯温泉街から旧道に入った所にある

『びっき沼』で、約1万株の水芭蕉が楽しめます。

維持管理協力金200円を払うと、

沼を一周するまでシールを身体に貼っているように言われます。

Dscn2872 Dscn2888 Dscn2866 Dscn2868 Dscn2884 Dscf2073 Dscf2078 Dscf2079 Dscf2081

    

本日のDVD観賞メモ  『山田太郎ものがたり』

読書メモ 『好かれようとしない』 浅倉 かすみ

山田太郎ものがたり DVD-BOX 好かれようとしない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »