« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »

『トキオ 父への伝言』

東野圭吾さんの単行本『トキオ』が、

同じ講談社から文庫『時生』として出版されたのが3年前。

その当時、読んで感動した 本・『時生』と、

4年前、NHKドラマで放送された『トキオ~父への伝言』が

同じ物だとは気づかず ずっと平行線状態でした。

それが レンタルビデオ屋で偶然見つけ、あらすじをたどったところ

同じ物と判明。数年の時を得て、めぐり合うことができました。

  

  原作では 危篤の息子・時生を見守りながら

  父(拓実)と母(麗子)の会話から入っていきますが

  DVDは拓実と主治医との会話になっています。

  これは 後に過去に戻った時生が父と母の出会いに絡んでくるため

  最初から映像で『母の顔』を見せてしまわないほうがいいと判断した

  ためなのかな~ なんて勝手に思っちゃいました。

  そのくらい 効果的だったと思えるので。 

  他にも原作と映像とで 変えてある箇所がありますが 

  それら全て それぞれの得意を生かした変え方になっていると思います。

    

    父親役  国分太一くん 

    時生役  櫻井 翔くん   

 この二人の絡みが 実にいいのです。 

 お互い言いたいことをぶつけ合い分裂しても 

 お互いを見捨てられない強い思いは 絆からきているのでしょう。

 切なくて、悲しくて そして心がジワ~っと温かくなる。

   

   生死の境を彷徨いながら 父親の若かりし日にタイム・スリップし、

   伝えたかったことは

      『もう一度生まれてきても 

         またお父さんとお母さんの子どもでありたいよ・・・』

  それが 自分の病気を発症する原因であったとしても・・・って

  ことなのですよね。

  子どもって もしかしたら親が子どもを愛するより深~い想いで

  親を思ってくれているのかもしれませんね。

 

 最期、父が時生の耳元で呟く 「花やしきで待ってるぞ!」。

 その言葉こそが 時生を父の若かりし日へとタイム・スリップさせる

 キーワードだったのでしょう・・・

  

   もう一度 本を読み返したいと強く思う。

   500頁にも及ぶ長~い本なのだけれど。

    

    原作もいい! 映像化したものもいい!

    どっちも同じくらいいい! 

    そんなのって なかなか数少ないと思うんだよな・・・・。

 

  

トキオ 父への伝言 トキオ 父への伝言
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する
時生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼けました。

気温30℃のなか、テニスの試合が行われました。

66人、33ペアでのトーナメント戦です。

6セット先取ルールで 立て続けに3試合。

スクールはもちろん、サークルもここ最近は室内練習が続いていました。

キャップは被ったものの、どじな私はサングラスを忘れてしまい

眩しさとの戦いとなりました。

   

    結果、2勝1敗。

    まだまだ 試合慣れしていない小心者です・・・

  

   本日のほんとの敵は試合相手ではなく 

   ジリジリと照りつける太陽だったかもしれません。

      

      前も後ろも焼け、お風呂の湯がしみるしみる・・・

      さて・・・・っと 美白ケアしなくちゃ。 

  

  

  本日の読書メモ 『ブランケット・キャッツ』 重松 清

ブランケット・キャッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章教室 再3。

文章教室の日。

紙ヒコーキ(仮題)第2章を仕上げて持参しました。

 

   紙ヒコーキを偶然見つけた主人公が 小学生時代を振り返るところで

   第1章が終わっていました。

   2章の場面は、田舎の小学校の教室。主人公の男の子の前に

   一人の転校生がやってきます。

   家の事情で横浜からやってきた赤い靴を履いた女の子。

   野口雨情の『赤い靴』の歌を絡めた話になっていきます。

 

 皆さんからの感想は 

 場面が浮んできて映像を観ているようだ・・・ということ。

 先生からは セリフまわしが巧い・・・ということと、

 小説というよりも脚本を読んでいるような感じがするとの感想でした。

 もともと 脚本家の先生ですから、専門なわけですが

 その違いについて よく分かっていない私は

 先生から これまでに書き溜めた脚本集をいただきました。

   (全て、放送されたり、放映されたものばかりの貴重なものです。)

 じっくり読み返してみたいと思います。

 DVDや映画(特に邦画)を沢山観て、

 言い回しや間合いの勉強は相変わらず続けています。

  

    新たな目標を貰い、私の勉強はまだまだ続きます。

   

   

     

     追伸

       我が文章教室のお仲間から 

       『105回コスモス文学新人賞』の受賞者が出ました!

  

 

    本日の読書メモ 『風姿恋伝』 唯川 恵

             『問題な日本語 その3』 北原保雄

風姿恋伝 問題な日本語その3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『花より男子』チケット購入。

『花より男子ファイナル』のチケットを購入しました。

中学生の娘二人と私の分の3枚です。

3人で 松潤が好きだったのですが、

いつの間にか、 長女は   松潤 → 相葉ちゃん(大・大・大スキ!)

           二女は  松潤 → 翔くん へと 心変わり。

相変わらず、母は 松本さん一筋。

『花男』もきっと 1回きりでは満足できず、

2回も3回も観ることになるのでしょう。

今、『嵐』はドームコンサート真っ最中。

来年こそは、晴れて高校生になるであろう娘と

コンサートに行く事を約束しています。

Dscn3054

           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »