« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

雨待ちの一日。

朝から外が暗い。新聞の天気予報欄には 午後からrain

それぞれ家を出る娘たちに 傘を忘れないように声を掛ける。

風が辺りの枯葉を運んで、通りに面した我が家の玄関脇を一杯にする。

きりがないのはわかっているのだが

飛ばされてきた黄色茶色の枯れた葉音を聞くのが好きで

一日に何度となく 玄関脇の吹き溜まりを掃きに出る。

雨が落ちてくるのは まだ先のようだ。  頬にあたる風がまだ軽い。

 

 家事を早々に済ませて、今日はじっくり本を読むことにしよう。

 1日 何の予定もない日はめずらしい。

 一昨日図書館のお姉さんに念を押された期日を守るべく

 もうすでに 2冊は読み終わっていた。

 サイドテーブルに本を積み重ね、コーヒーをドリップで落しながら

 ソファに腰を落とす。

 谷村志穂さんの短編。ひとつずつが趣が違った恋愛小説。

 いくつもの恋愛模様を観せられているうちに

 お腹一杯になって 

 いつの間にか 浅い眠りにおちていた。

 

 はっと目覚めたときには ゆうに40分が過ぎていた。

 庭に出る。

 ほんとに雨が来るんだろうか・・・・?

 

 飲まずに温まったままのコーヒーは 少し焦げた香りがした。

 続きを読み始めた手元が 翳り始めた。

 開けた窓から 雨の匂いが漂う。 

 洗濯物を中にとり込み、やがてやってくる雨粒を心待ちにした。

 

 不思議なことに 雨の匂いがわかる。 風が運んでくる雨の匂い。

 雨の日が大好きだった幼い頃から 敏感だったかもしれない。

 晴れた日のおひさまの匂いには からきし鈍感だったくせに。

 

 まだ 雨音はしてこない。 先ず、水の張った睡蓮鉢にポットン。

 しばらくして またポットン。 それから すぐに規則正しいリズムになって

 時には優しく、時には怒ったように 雨音を変えてゆく。

 

 雨音はまだか・・・・?  

 

  ポットン ポットン   最初のひと音が まだ聞こえない。

 

 

  

  本日の読書メモ 『小さな空』   風野 潮

             『冷たい水と、砂の記憶』 谷村 志穂

  小さな空 冷たい水と、砂の記憶

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふつうの日々。

昨日で仕事週間が終わり、今日は久しぶりの図書館行き。

11月はじめに新刊予約をしていた本が

受け取りに行けなかったあいだ、7冊もたまっていました。

貸し出し期間は 二週間。 

「新刊なので予約者が詰まっているから、予定通りに返却ください・・・」

係りの方にそう念をおされ、 考えてみれば、一冊2日で読み進めないと

期日まで到底 間に合わないってことですよ。

無理にでも読書三昧の毎日にしてかなきゃ~ 

そして、読み終わった頃、今月末の仕事がまた始まる時期になるのです。 

1ヶ月って 早いんだなぁ~

Dscf0047

  

  本日の読書メモ

   『恋桜』 伊多波 碧

  恋桜 (ヴィレッジブックスedge)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられない女の子。

仕事の行き帰り、数ヶ月前までよく見ていた光景がありました。

住宅街にあるアパートの前、

がぼがぼの制服を着て、幼稚園バスを待っている女の子。

お母さんの手をにぎり、不安そうな顔。

それが3年前です。

それから1年がたち、女の子とお母さんは園バスを待つ間、

追いかけっこしたり、ときには、あやとりしてみたり、

なぞなぞや歌っていたこともありました。

2年目、制服が少し窮屈になり 通園かばんも小さく見え、

短いスカートから出た足が寒そうでもありました。

  

  ここ数ヶ月、何度その場所を通っても

  その光景にめぐり合うことはありませんでした。

  引越ししてしまったのかしら・・・?

  

  そして 今日。

  会えました! その女の子に・・・。

  赤いランドセルを背負って、アパートの窓を振り返るその子は

  小学生になっていたのです。 窓から手を振るお母さんの微笑みも健在でした。

  考えてみれば 当然です。 年少さんだった女の子が三年がたち

  小学生になっただけのこと。

  

    でも・・・・わたしにとっては あまりにも強烈だったのです。

    朝の光のなかの 小さな女の子。 そして お母さんも。

    親子のやりとりを見るのが

    楽しみのひとつだったから・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »