« 今日から何しよ。 | トップページ | 「イエスタデイズ」 »

「オオイヌノフグリ」と「どんなにきみをすきだかあててごらん」

しばらくぶりで近所を散歩しました。

川原に近いのっぱらには青色小花がいっぱい。

「オオイヌノフグリ」 花の名前を知ったのは 9年前です。

娘が小学1年のとき 担任だった文子先生。

転校が決まった娘に お手紙と1冊の絵本をくださいました。

 

  『 春いちばんに顔をのぞかせて 

    寒かった心を暖めてくれるこのお花が

    先生は大好き。 色のなかった季節に 

    まず目に飛び込んできた青色を忘れられないの。 

    目立つ花では決してないけど

    華やかさばかりが心をうつのではないこと 

    いつか○○ちゃんが何かに当たったとき

    想い出してくれたらいいな・・・  』    そんなお手紙でした。

そしていただいた絵本は 

『どんなにきみをすきだかあててごらん』 評論社。

娘よりひとつ小さい娘さんがいらした先生が

夜寝る前に よく読んであげていた絵本なんだそうです。

「もうすぐ 2年生になる○○ちゃんに贈るには幼すぎるかしら・・・ね」

そう言って照れていらした。

でも、幼い我が子を他所に預けて、同じくらいの子をみるジレンマに

何度も自問自答しながらやってこられた文子先生だからこそ

その絵本に大きな価値があるような気がして。 

心がほんわか、優しい気持ちになります。

それから5回の転校を繰り返し 

泣き虫娘が少しずつ強くなっていった背景に

少なからず関係してくれていた絵本だったろうと思います。

 

 オオイヌノフグリがそこに咲く意味 と

 自分が生きることの価値を背定されたこの絵本 に

 こんなに早い年頃に出会て 娘は幸せだったな~。

 

  青い小花が咲くのっぱらを 一風が過ぎていきました。

 

  どんなにきみがすきだかあててごらん

|

« 今日から何しよ。 | トップページ | 「イエスタデイズ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/28959503

この記事へのトラックバック一覧です: 「オオイヌノフグリ」と「どんなにきみをすきだかあててごらん」:

« 今日から何しよ。 | トップページ | 「イエスタデイズ」 »