« いちばん変っていたのは。 | トップページ | 夏の名残り »

がっくりな試合。

連休最後の日。

連日続いた晴天がストップ。

朝から雨が降った。

娘のテニスの試合、 雨でも容赦なく行われる。

学年別個人戦。雨のためと、多人数をこなすため 

試合形式が11点先取に変っていた。

9時から試合開始だったはずで 9時15分頃コートに着いたら

娘たちが出た第1試合は もうすでに終わっていた。 11対1で勝ち。

第2試合めは 見るも無残。

けして強い相手ではないのに 自分ミスとペア前衛のミスが相次いで

8対11で負け。 ペアとの息も微妙にズレていたし。

部長・副部長で、一番手の娘たちが 内容のない試合をしていたのでは

他の2年生には勿論、後輩達にだって顔向けできない。

翌土曜日の試合、そして新人戦には

たとえ負けたとしても 自分達が納得いく試合をしてほしい。

悔しさも滲まない試合内容では やるだけ時間の無駄。

   

  GWさながらのSWが 今日で終わり、

  また日常に戻っていく。

  明日から来月初めまで 休みなしの勤務が待つ。

  身体は すぐに戻っても

  心を切り替えるほうが 厄介かも。

  

   riceball 今日のおべんと riceball

Dscf1614

  

  試合の中学生の分。

  留守番の高校生のも ついでに・・・。

  

 

 

   book 連休中に読んだ本 book

       『 院長の恋 』 佐藤 愛子

       『日曜日の夕刊』 重松 清

 

院長の恋 日曜日の夕刊

  

  

|

« いちばん変っていたのは。 | トップページ | 夏の名残り »

「家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118333/31491766

この記事へのトラックバック一覧です: がっくりな試合。:

« いちばん変っていたのは。 | トップページ | 夏の名残り »