« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

花見山 2009.4.11

朝7時くらいから交通規制になるため、

6時前には到着し、(それもbicycledashで・・) 散策した主人のフォト。

陽があたり始まる6時半くらいには 三脚を構えたカメラマンがいっぱい。

Dscf0562_2 Dscf0564 Dscf0578_2 Dscf0584_2 Dscf0579_2 Dscf0586_2 Dscf0595_2 Dscf0621_2 Dscf0641

折りしも、全国放映『旅サラダ』の

中継準備をしていたそうで

レポーターの「ラッシャー板前さん」と

すれ違ったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭の色・いろいろ。

今日は日中、27℃になる・・・とニュースで聞いて

朝のうちに水やり。

 Dscf0538 Dscf0540 Dscf0542

Dscf0535 Dscf0534 Dscf0543 Dscf0545

  

  

Dscn1698

朝、蕾だとおもっていると

午後には 強い陽を浴び、

一気に花開く今の季節の花々。

  

草花にとっては これからが生長期。

水やりと草むしりも 忙しくなる季節・・・・。 coldsweats02sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生活第1日め。

「高校って すごいね~!」 それが第一声。

こんなに自由でいいのだろうか・・・その思いが 

1日、頭の中でグルグルとまわっていたのだとか。

携帯電話の使用方法も、お昼の弁当・パンの販売も、

制服はあるものの なかに着るベスト、履くソックス、かばん、靴も自由、

生徒の自主性に任された校風に びっくり。

校内に飲み物の自販機が設置してあること自体驚いたそうで、

利用するのは先生方なんだろう・・・と勝手に考えていたら、

先輩達が 休み時間に買って自由に飲んでいた・・・と言って

これまたびっくり。

「休み時間に『カフェ・オレ』だったり『コーラ』飲んでたりするんだよ~?」

「学校内で お弁当が買えるんだよ!」 

いちいち驚く娘がおかしくて

「高校だもん 当たり前だろ・・・」と返す主人に

「そ~なの? 高校ってすごい・・・」 しきりに感心する。

 

 でも、 きっとそうなんだな・・・  

 新しいことを受け入れることが少なくなってきている私達大人にとって

 何でも当たり前 って納得しちゃうのって

 感覚が鈍っているってことなんだろう。

 

  新鮮な驚きと沢山の疑問を持ちながら

  高校生活を楽しんで!

   

   cherryblossom おべんと Dscf0531 cherryblossom

 

 

  

  本日の読書メモ 『さみしさの周波数』 乙一

 さみしさの周波数

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜の下の入学式。

昨日、長女の高校入学式でした。

創立20数年という、新しい学校です。

長い歴史がない・・・ということは 模範が少ないということ。

自分達の力でどんな方向にももっていける可能性が沢山秘められている

そんな同窓会長さんのお話に 若いエネルギーが感じられました。

父兄会などの出席も 高校では考えられない85%という高い出席率なのだそうで

親の関心と愛情の深さが感じられて ほんわか温かくなりました。

そんな高校で 娘の第一歩が始まります。

 

 校舎の脇の桜は 5分咲きくらい。

 満開のなかの入学式より もしかしたらこれくらいのほうが

 子ども達にぴったりくる 桜模様だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜咲け。

明日、高校の入学式です。

オリエンテーリングに出たのが先月末だったから

10日あまりぶりで 提出書類を確認しました。

調査書や健康記録、保険加入書類など 盛りだくさんです。

親が記入するのとは別に 子どもには課題が出されていますので

国・数・英の問題集のほか、論文がひとつ。 

全て、明日提出なので 親子共々忘れ物のないように

何度も確認作業しています。

昨日、わが県にもやっと桜の開花宣言がされました。

明日の入学式には間に合わないかもしれないけれど

あさってから毎日通う娘の目には 高校構内の桜が

きっと艶やかに美しく映ることでしょう・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ルージュはそんな意味だったんだ。

今日は家族が留守。ひとりだったので映画を観てきた。 

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

今回は海堂尊原作を手元に持ちながら、あえて読まずに観賞。

堺雅人さん 好き。 なんとなくいいなぁ~と思い始めて4年ほどたつ。

篤姫でも、ヒミツの花園、ハチクロでも、

頼りなげな男性を演じることが多いけど 今回は実に骨太でした。

舞台でもずいぶん活躍されているんですね。

『ジェネラル~』では沢山の実力ある俳優さんが揃っているなか、

圧されることなく そのなかでも 光ってたな~

今夜から 原作を読み始めます。

田口医師を男性から女性に変えたその意図なんぞを(映画は竹内結子さん)

置き換えながら 読んでみようと思います。

  本日の映画観賞 『ジェネラル・ルージュの凱旋』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「イエスタデイズ」

DVDを何枚かレンタルしてきた。

3日後には返さねばならない新作作品を優先的に観た。

『イエスタデイズ』 

本多孝好 作の 『FINE DAYS』のなかの一作品だ。

原作は数年前に読んでお気に入りの1冊になっていた本だ。

大いにファンタジー要素入りの話なので

これを映像で観せるには どんな演出にするんだろう?

いつもどおり、映像でがっかり・・・ってなことにならないかと危惧しながら。

やはり・・・ 本にはかなわないものの 映画も悪くないな これ。

ファンタジーだから ありえない世界に何度となく突入はするが

それほど無理なかんじではないし、映像もセピア色できれい。

主演の聡史役の塚本高史さんがとても自然な演技をしてらっしゃる。

いつまでも超えることのできない父親。

父と息子の関係は永遠にそうなんだろう。

父の命の終わりを知って やっと追いつけそうな気になるのも悲しい。

子は親の人生を知らないで生きる。 親が語らない限り。

そして多くの親は きっと語らないで一生を終わるのだろう。

聡史のように ふとしたことから覗いてみない限りは。

父親の過去に入りこんで、親友になるくだりは

以前観た『トキオ』東野圭吾作にも通ずる。

子どもは親の人生をどこまで知るべきなのだろう。

  

  本日のDVD観賞メモ  『イエスタデイズ』

                『キミ、犯人じゃないよね?』

 【20%OFF!】イエスタデイズ デラックス版(DVD) キミ犯人じゃないよね? DVD−BOX[5枚組]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »