« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »

朝顔と芙蓉のコラボ。

朝顔が蔓を伸ばすお隣で 芙蓉が大きな花を咲かす。

とても不思議なかんじがします。 

朝顔は夏の象徴、芙蓉は秋早い花・・・という印象が昔からあって。

 

 昨朝、初めて花を持った庭の芙蓉、

 朝は白、それが夕方になるにつれピンクに色味を増せば酔芙蓉のわけで 

 仕事から戻って真っ先に庭に出てみましたが 白色は変らず。

  

   『  芙蓉(ふよう)を前(さき)の身とすれば
      泪(なみだ)は秋の花の露
      小琴(をごと)を前(さき)の身とすれば
      愁(うれひ)は細き糸の音
      いま前(さき)の世は鷲の身の
      処女にあまる羽翼(つばさ)かな・・・・  』

                    島崎 藤村  「若菜集」より

   

 「芙蓉の顔」といえば、美しい女性をいいますが

 芙蓉のようなお顔って 一体どんななんでしょうね。

 昔から中国では 蓮の花のことを芙蓉と呼んでいたそうです。

 蓮・・・と聞いて思い浮かべるのは お釈迦様のお優しいお顔。

 芙蓉もきっと そんなイメージなのかもしれません。

 夏の絽の着物を涼やかに着こなすような・・・・

 そんな女性、身近に見つけることなくなりましたね。

  

  ~朝顔の向こうで芙蓉が顔覗かせ~

Dscf1361 Dscf1359 Dscf1362 Dscf1360

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の盆と芙蓉の花。

去年だったかな・・・植木市に行って買ってきた「芙蓉」

今朝、庭に出てみたら ふたつも花開いていました。

大きさと色にも びっくり。 私のなかの芙蓉は赤のイメージが強くて・・・。

「芙蓉」って 大人の女性のイメージです。

20代で読んだ高橋治氏の「風の盆恋歌」。

年に一度、「風の盆」の日にだけ逢う約束をして

その日が来るのを待ちわびる道ならぬ二人。

彼が借りてくれているおわらの町の一軒家の庭には「芙蓉」の花が。

それも宵がせまる頃に 色を濃くする「酔芙蓉」です。

風の盆が終わったその日からまた、来年のその日を待つ女性の哀しさ、

その当時の私には 胸がしめつけられるようでした。

生きている証をその日に求めるために 長い月日を淡々とやり過ごす

そんな強さ、「大人の女性=酔芙蓉」

その式は今もなんら変りはしません。

  

  さて・・・

    白い芙蓉なら どんなイメージでしょうか・・・。

  Dscf1346

Dscf1347_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出会い。

以前、仕事させてもらっていた派遣会社から

月に6日くらいの仕事をしませんか?と、お電話をいただきました。

今の仕事が 段々日にちが少なくなってきたので

転職を考えていたところでした。

今日、仕事の帰りに派遣会社に顔を出し、契約書にサイン。

保険関係の事務。 来月から始まります。

仕事に関するぶ厚い資料を渡され、目を通しておくように・・・と。

最初の月は、覚えることが多いので 10日間出勤します。

今の仕事と日にちがぶつからないので 辞めずに済むようです。 

毎日働きに出るのは構えてしまうけど、

この位だったら、肉体的にも 気持ちいい働きが出来そうな基準。

ラッキーなお誘いでした。 仕事も人も出会いは 一期一会。

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

子ども達が安全に暮らせますよ~に。

昨夜は 仕事から帰って家族の夕食をシャシャー?っと作って

地域懇談会に出席してきました。

今年の話題は「子どもの安全を守る」

大きくは次のふたつでした。

道路交通法が改正され、自転車通行が車道になったことで

安全性に不安を覚える親御さんの多いこと。

もうひとつは 中学生の携帯普及率が上がるにつれ、

巻き込まれる犯罪が増えたこと。

意見はいろいろ出されても、いつもこれといった対策は得られはしません。

でも、いつも子ども達の行動に目をかけ、見守ってくださる方々の優しい心に

ふれるこの時間は 居心地のいいものであります。

  

  私も 小学生の下校時間に合わせ、庭花の水やりをしています。

  いつもの時間に あの家の軒先にいる あのおばちゃん・・・

  そんな印象を持ってもらえれば、何かが起きそうになったとき、

  きっと 小さなお手伝いができるはず・・・・

   

   地域の一人ひとりの小さな知恵で

   近所のこどもたちに 安心して生活できる

   ごくごく普通の幸せを送ってもらえたらなぁ~と 

   思うこのごろです。

   

   riceball 28、29日の おべんと riceball

Dscf1343_2

     主人、課外授業が続く高校生、

     部活から帰ってからの中学生、

     仕事に持っていく 私の 計4つ。

 

Dscf1345

     同じく 家族 4人分。

     仕事に行く前に 

     疲れてしまいそうな母です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二女のバースディ。

二女の誕生日です。

普段、塾通いをしていない娘から

夏期講習だけは受けさせてくれ!と、頭を下げられ

その初日が 誕生日である今日からなのです。

昨夜のうちに ケーキは食べたし、家族でお祝いはしたので

心置きなく?  このrainthunderのなか、出かけていきました。

   

   二女のあれこれを 書くつもりでしたが

   さっきから thunderthunder ゴロゴロが近くになってきました。

   PCが心配なので 次回にしておきましょう・・・。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

17年ぶりにめぐり逢えた。

何十年ぶりでしょう・・・。

長女が生まれる前までやっていた日舞。

17年ぶりに 日舞にふれる機会を得ました。

公民館主催で 3回のみの受講ですが

初日の今日、

所作、三味線の音、衣ずれの音、お扇子の手触り・・・

たくさんの懐かしい感触が よみがえってきました。

  

  講師の先生方の着る紗のお着物の涼やかさ、着こなし、

  立ち振るまい、細やかな所作、

  見ているだけで 引き込まれそうです。

    いつもの日常・・・・  時々、垣間見る非日常・・・

    バランスをとりながら いろんな別世界をみてみたい。

  

  あと 2回のお稽古が 待ちきれないほど

  楽しみで・・・楽しみで・・・。   

         時間よ   どうか ゆっくり過ぎて・・・・

  

 

   riceball きょうのおべんと riceball

 Dscf1340                     clover きょうの収穫 clover

   Dscf1338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月19日 - 2009年7月25日 | トップページ | 2009年8月2日 - 2009年8月8日 »