« 2009年2月15日 - 2009年2月21日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »

カレンダー到着!

一週間ぶりの休日の今日、

朝ゆっくりコーヒーなんぞを味わっていたら

玄関のチャイムがなりまして 宅配便が届きました。

『楽天から? なんだろ~ 嵐のDVD発売はまだ先だし・・・』

カレンダーでした。そういえば 今日は28日ね・・・

今回のは 1枚1枚がバラバラ・・・と外れてしまうこともなく

本のような 手帳のような しっかりした作り。

朝の寝起きのようなショットから 相変わらず仲のよいメンバーのショット

それから 壁掛けカレンダーは 一人ひとりのセクシーフォト。

待ち焦がれていた娘は 1枚目のセクシー・相葉ちゃんにドキュンlovely

ジャニーズカレンダーって 4月から始まるのよね。

「一年の計は元旦にあり」って ごく当たり前に思っちゃってるけど

学生にとっての4月って もしかしたら年明け以上に

節目の月だったりするのかもしれませんね。 

4月1日から始まるカレンダーの 最初のページは“にのちゃん”でした。

高校生活が始まる娘の 第1ページ目には

どんな予定が入ってくるのかしら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空いた時間で・・・。

仕事帰り、そのまま二女を学校まで向かえに行き、

テニスへ送り届けました。

終わるのが7時半になるので

長女には 朝、出がけに作ったおいなりさんを置いて。

二女がラケットを振るこの時間に ふつうなら夕食用の買い物をしておくのですが

よほど疲れていたのでしょう・・・

ロビーでうとうとと してしまい 気がつくとテニス終わってる!

帰ってから台所に立つ気になれず 主人が飲み会でいないことをこれ幸いに

お弁当を買って帰りました。

食事作りも 食器洗いもしなくいい・・・  なんて 贅沢な!

そのぶん 空いた時間で 

以前から読みたくても長編のため 躊躇していた

宮部みゆき作 『蒲生邸事件』のページを 開くことが出来ました。

どんどん夢中になって 気がついたら もうこんな時間・・・。

  

   蒲生邸事件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血液型の話。

職場のお昼の時間、たまたま隣に座った方と血の話になった。

血って、ちょっとリアルな表現になってしまったけれど 血液型の話ね・・・。

ごめんなさい。「5年ぶりに献血した~」の話題からだったので・・・。

女性って なぜに血液型の話が好きなんでしょうね。

その方自身は O型で ご主人がAB型

大学生と高校生の二人の娘さんたちは B型とA型だそうで

ご家庭に全ての血液型が存在する いわば混合型。

「子供達が小さい時分はよかったけど、意思を持ち始めた頃から

意見がまとまんないったらないのよ~」

主婦にだって 夕食を作りたくない日もあるわサ

「外食しよ~!」 と、母が声を掛けると

「ホイ きた!」 と、ノリの良い●型。

「お弁当買って 家で食べよ~!」 と、出たがらない●型。

「じゃ 一人で好きなもの食べてくる・・・」 と、いつの間にかいなくなる●型。

ん~それぞれだなぁ~

「万事がこんな調子なんだ」 と、ため息をつかれる。

幼い頃から ミニ社会を疑似体験しながら暮らしてきたようなものだもの

娘さんたち、きっと人とつき合う術を 自然に身につけてるんだろうな~

就職が決まり 4月から社会に一歩踏み出す大学生の娘さん・・・

助走は バッチリ しっかり出来ています ?? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び 『石文』

ここ何日間か、ブログのアクセス数がド~ンと上がっている。

検索ワードは『石文』

『おくりびと』が日本アカデミー賞を取り、

また、アメリカのアカデミー賞でも外国語映画賞に輝いたことで

以前UPした映画の感想が呼び戻されたのだろう。

自分の意識からすでに離れた出来事が

自分の意思如何によらず 誰かの手によって掘り起こされるって

結構あることなのかもね。

映画を観た後、近くの川原に行って、

自分の気持ちに一番寄り添う形の石、探したっけ・・・

そして お気に入りの2個を持ち帰り 玄関に飾ってみた。

『石文』の言葉とともに まあるいコロコロした感覚もよみがえり

こんな呼び戻されかた ちょっと嬉しかったりして・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんだけ・・・。

ちょっと疲れが出てきた仕事2日目。

人に伝える・・・ってことのむずかしさを知る。

とらえ方って 人それぞれだからおもしろい・・・

そう思えるのは 自分に余裕があるとき。

どんな言葉を選択したら そのパズルにぴったり合うパーツになるのか

すぐ隣にいる人にわかってもらうのだって容易なことじゃないのに

会ったことのない方たちから 勇気をいただいたり

ぴったり寄り添う言葉をいただいたり・・・・

この穏やかな時間の流れと空間、気持ちは 一体?

行ったり来たりさせていただいている

ブログ仲間の(先輩だけれどあえてそう呼ばせて!)或る日の記事に

ブログを止められた方に対する想いが綴られていて

  『 どんな日々を過ごされているのだろう・・・

       訪ねて行けない淋しさが そこにはある・・・ 』 と。

 

 見えない電波で繋がる危うさ

 どちらかが閉じてしまえば 行き着く手段もない脆さ

 そんな儚さに

 どれだけ助けられているんだろう わたしは・・・・。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔物。

この後に及んで動揺してしまった。

「頑張っている娘さんを信じてください・・・」

その言葉に 我に返った。

目に映るものに 心奪われ踊らされたのでしょう。

例えば、空気・心・努力・・・。

目に見えないけど大切なものって沢山あるのに。

見えないものだからこそ 信じていなきゃならないはず だったのに・・・。

  

   受験って 魔物なんだな・・・。

  

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月15日 - 2009年2月21日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »