花水木の咲く路。

うちのすぐ近くの街路樹は『花水木』。

街路樹が花水木って 素敵でしょ?

薄ピンク色と白と交互に植えられてて、

今が見頃です。

いつもなら 車で買い物に行くところですが、

花水木の咲くこの季節だけは 

花を見上げながら歩いて散歩を楽しみながら・・・。

「『花水木』と『やまぼうし』ってどう違うんだ?」と、

となりから主人が聞いてきます。

「『花水木』は、もともとはアメリカから渡ってきた木。

『やまぼうし』は 日本に昔からあった木だよ」

「そうなのか~どうりで『やまぼうし』は哀愁が感じられる

『花水木』は 外国の太陽の下に輝いてる・・・ってかんじするもんな」

  ( そぉ~か~? )

槇原敬之の『花水木』の歌詞。

  「最後のデートも

   同じ場所で待ち合わせよう

   花水木の通りの終わり・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・

   またひとつ年をとり、

   大人になった気分でいたけれど

   愛している人に愛していることを

   伝えきれないようじゃ

   まだまだだめかもしれない・・・・」

若いときに聞いた歌。

何十年も前に聞いていた曲なのに

『花水木』があるお宅の前を通るたび、

その歌詞が リフレインする。

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)