灯かりで癒やされ・・・。

主人は、帰宅するのが遅いこともあり、

夕食のおかずを肴にお酒をいただくと、そのままバタンキューということも多く

主人が寝てしまった後の数時間は 私の自由時間になります。

主人と一緒にお酒を楽しむ時間も好きなのですが

ひとり好きなことをして、自分時間を満喫するのも 

このうえなく大切なひとときなのです。

  楽しみかたは、その時々で違います。

  珈琲を入れ、ゆっくり味わいながら本を読んだり

  パソコンに向かい、エッセイを仕上げたり

  暖かそうなフェルト生地で、ブック・カバーを作ったり

  考え事をしてみたり はたまた、ひたすらぼお~っとしていたり・・・・

そんなひととき、『灯かり』にこだわりたいのです。

日常の蛍光灯を消し、ピンポイント照明でその雰囲気を楽しみます。

Dscn2605_3 Dscn2606 Dscn2607 Dscn2608

  

Dscn2603

さて・・・・

今宵はどんな灯かりで

  夜更かしをしましょうか・・・・

  

   

本日の読書メモ  『玉手箱』  小手鞠 るい

玉手箱 (河出文庫 こ 9-1) Book 玉手箱 (河出文庫 こ 9-1)

著者:小手鞠 るい
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お香

久しぶりに 香りについて。

自分好みの香りって皆それぞれ。

苦手な香りや、安物のものを長時間嗅ぐと、

頭痛がしてきたり、気分が悪くなってくるのは わたしだけだろうか・・・

  私のお気に入りは 京都『香彩堂』から出ている『もみじの版画』。

  去年の今頃、米沢の雑貨屋でこれとめぐり逢えてからは、これ1本。 

  浮気はなし。今は、月2回訪れる仙台のお香専門店で求めてくる。

  先日、その店に寄ったとき、顔なじみになった奥さんから

  「このお香と同じ香りのフレグランスがあるんですよ~

  今日は生憎きらしてますけど・・・」との情報をいただく。

  悩む間もなく、「お願いします!10月中旬に必ず顔出しますから

  その頃までに取って置いてください」

  この匂いのフレグランスがあるなんて なんて素敵! 

  口約束しただけなのに もう手の中にそれがあるような気がしてならない。

今日、娘の参観日だった。

久しぶりに会ったお母さんのひとりが、お香教室に通っているという。

短期3回で終了の講座らしいのだが、

自分の好みのお香をブレンドして練り上げるのだと。

その練りに「織田信長が愛したフレグランス」を一吹き加えて

仕上げるのだと教えてくれた。 

   

   ブログを更新中の今も、お香は焚いている。   

   コーヒータイムも、読書タイムも。 

   お香は常に身近にある。 もっと掘り下げて勉強するのもおもしろいかも。

      これまで知らないで済んできた世界を知りたくなった。

Dscn2485

本日の読書メモ  『タイム・カプセル』 生田 紗代

タイムカプセル Book タイムカプセル

著者:生田 紗代
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11年間ありがとう。

今日は ひとつのお別れをした。

11年間、乗った軽自動車を廃車にしたのだ。

今、6年になる娘が、1歳の誕生日を迎える少し前に購入した車。

娘たちの成長を一緒に見てきてくれた車だ。

   車酔いをした下の娘が、何度も吐いたり、(汚い話でスミマセン)

   幼稚園バスに乗りたくな~い!と、泣き叫ぶ上の娘を

   母も 泣きそうになりながら、2年間送迎し続けたり、

   海やキャンプのときにも、活躍してくれた・・・。

  最近は、幾度となく修理工場にお泊りしていた。

  その度、修理して大切につきあってきたのに。

家族の一人を 送り出す気分。

今まで、ありがとう・・・の気持ちをこめて

みんなで一緒に写真を撮り、お神酒をかけてあげて さよなら・・・・。

   Dscn1986

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サクラ色』は・・・

ちょっと前まで娘がよく聴いていた曲。

「すんごくいいから、お母さんも聴いてみて!」と、

手渡してくれたMDが これ。

「サクラ色」  アンジェラ・アキだった。

      

    川沿いに咲いてたサクラ並木を

    ともに生きていくと二人で歩いた

    世界に飲み込まれ吐き出されても

    ただそばにいたくてもっともっともっと

    時間の流れと愛の狭間に落ちて

       あなたを失った

      恋しくて目を閉じれば

      あの頃の二人がいる

  サクラ色のあなたを忘れないずっとずっとずっと

     

    あなたから離れて自分を知った

    夢に近づきたくてもっともっともっと

    否定の言葉に押しつぶされても這い上がり

       戦い続けた

      苦しくて目を閉じれば

      あの頃の自分がいる

  サクラ色のわたしを忘れないずっとずっとずっと

「ふるさと心の中で今でも優しく響くよ」そんな歌が聴こえる

       

       恋しくて目を閉じれば

       あの頃の二人がいる

   サクラ色のあなたのことを

   サクラ色のわたしのことを

  サクラ色した時代を忘れないずっとずっとずっと

     ずっとずっとずっと

 

14歳の娘に この歌詞が理解できるのか~?

いい曲は 誰が聴いてもいい!ということなのか・・・

最近のわたしのお気に入りBest3に入っている。

「『サクラ色』は もう時期はずれだよ!

今は、CEAMOの『Cry Baby』でしょ」と、娘。

それは 一体何者なんじゃい・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンティーク風ライトが見つかった

完成したパーゴラに付けるライトを探していた。

今風のではおもしろくないので、

アンティークのデッキライトかマリンライトが入ったら

連絡してくれるように 古民具やさんにお願いしていた。

昨日、「いいのが入ったから見においで!」と

連絡をもらう。 

5種類買い付けてきたという中で 

一目ぼれしたライトを格安で譲ってもらい、

早速、主人が配電作業を開始。

Dscn1733 Dscn1734

 ← まさしく

     探してたライトで嬉しい!

パーゴラにドリルで配線を通すための穴を開け、

土を10センチ掘り 配線を埋めたところで

空から 無情な雨が・・・

今日の作業は ここまで。

次の休日で完成となる・・・ ん~ 予定!

来週のブログで UPできるといいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の買い物2つ。

今日の古本屋での収穫は これ。

Dscn1730

  ← 東京公園、図書準備室、一千一秒の日々

そして中2の娘が 今、こよなく愛しちゃってるおやつ。

Dscn1731   

  ← シリアル3種類。1キロ入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い物・茶蔵

去年、娘のバスケ試合のため訪れた米沢市。

そのとき偶然見つけて 

すっかり気に入ったお店、「茶蔵(さくら)」。

お茶&和雑貨のお店だ。

米沢市までは 片道45分。

しかし 峠をひとつ越えるため、

雪道運転苦手のわたしは 冬の間

ぐっと がまんがまん。

そして 今日 久しぶりに出かけて来た。

Dscn1461_1 今日、購入したものあれこれ。

 三個1000円でお買い得だった

 デザート・コンポート。

 Dscn1462          

 「春一番煎茶」と「春待ち茶」

 

「春一番のことを「カラシバナおとし」

と呼ばれるそう。

カラシバナ(菜の花)を吹き落とす風

という意味からきているそう。

緑色鮮やかで、柔らかな甘み。

至極の一杯めをいただきながら

ひとあし先に 春を感じることができました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かおり

お香が大好き!

でも 好きな香りにめぐり合うのには

これが なかなか大変なのだ。

箱の匂いを嗅いでよさそう!と購入しても

いざ焚いてみると 予想と大きくハズレてみたり、

むせ返る匂いだったり、

なかには 気分を悪くしてしまうこともある。

昨年の夏の終わりに

米沢市に行く機会があり、

市内の 和風雑貨やさんで購入したお香に

一目惚れならぬ 一嗅ぎ惚れしてしまった。

Dscn0807   ← これが そう。

  紅葉の絵が描いてある箱のお香。

  大事に大事に 使っていたのだが

3ヶ月たった今、さすがに 残りは僅か。

同じ物を あちらこちらで探すのだが

どこにも 置いてない。

『紅葉』の香り。 実際、紅葉の匂いでは

ないのだろうけどね。

季節も時期ハズレだしなぁ~。

こんな気に入ってしまうなら 

まとめ買いしとけば えかった~!

って あとの祭りだ~。

今日 なにげに入った和風小物やさんに

これと同じシリーズを ついに見つけた。

Dscn1325  でも残念ながら 『雪』の香り。

やはり 『紅葉』は もうないらしい。

家に戻り、 早速『雪』に火を灯す。 

案の定 好みとは違ってた。

  ( 『雪』の香り・・・ってかんじもしなかったし。)

やはり 今秋まで 待つしかないみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なつかしシリーズ

小学生の頃。

たとえば スナック菓子の中に入っているカード。

飴玉の包み紙。 おはじきやカラフルなボタン。切手。

友達同士のなかには いろんなコレクターがいた。

休み時間に ワクワクしながら出し合い、見せ合い

そして また収集。

それが年を重ねるごとに 集める・・・ってことに興味を失くし

あの頃 夢中で集めた物も 何処に行ってしまったのか。

そんな私が 少し、はまりそうなシリーズがある。

その名も 「なつかし学校ストラップ」

はじめて 見つけたのが2年前。

その 可愛さ、妙にほのぼのした懐かしさに

おもわず 手が伸び、給食シリーズの「コッペパン&マーガリン」を購入。

その後、音楽シリーズの「ハーモニカ」「縦笛」購入。

そして 今日 体育シリーズの「跳び箱」を発見。

今日のお店には 実にたくさんの種類の「なつかし」があった。

何十年かぶりで 収集心に火が点く。

また 子供のときにもどって 少~しずつ、少~しずつ

コレクション、増やしていこうっかな~

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

主人の 手作りいろいろ

自宅療養していた主人が

右手のリハビリを兼ねて 挑戦して作りあげたものを

紹介することに します。

Dscn0759   パンが大好き長女のために 

  毎日 焼いていたパン。

  胡麻入り、くるみ入り、ココアを練りこんだもの・・

           と、 毎日 目先を変えて・・・。

 

Dscn0740   ビーズ作り方の本を見ながら

  これなら 俺にもつくれんじゃね~?

  と、40分足らずで 仕上げた「ひらり」ちゃん。

           下の娘のランドセルで 揺れてます!

Dscn0739    もともと ガーデニングの好きな主人。

   とくに お金をかけない ひと鉢づくりが

   得意です。

Dscn0792    土いじりのなかでも 

   いちばんの お得意は 山野草。

Dscn0783    庭に 地植えになっている

      「初雪かずら」を400円の鉢に

  植え替えて 

                                           玄関で お客さまを 迎えます・・・

                                                                       Dscn0862_1       般若心経の 写経見本を買い

  心静かに 墨をする ひととき・・・。

  (これは お手本です) 

  

若いころから なんでも器用にこなしていた

主人だけれど療養中も なんにでも 興味を持ち 

好奇心旺盛な彼の姿に 勇気づけられた私でした・・・。

  

  

    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧